みなさん「低用量ピル」という言葉を聞いたらどのようなことをイメージしますか?避妊薬?生理痛を軽減させる医薬品?実は、あまり知られていないけれども、低用量ピルは素晴らしい効果を持っている医薬品なのです!

低用量ピルの効果ってこんなにあるの?!

口コミで分かる子供が低用量ピルを服用する理由

低用量ピルと聞くと、多くの人の場合、避妊のために服用する医薬品というイメージを持ちます。従来、低用量ピルは、避妊のためだけに利用されてきましたが、現在では月経困難症や子宮内膜症の治療薬として広く利用されているのです。
近年、日本国内での月経困難症の患者数は急激に増えていると言われています。その患者は、大人だけでなく子供世代へも広まり、日常生活にも支障をきたすケースも増加しているのです。しかし、多くの場合、月経困難症を軽い症状だと認識し、痛み止めの服用だけで、医療機関を受診しない人も少なくありません。特に、子供の月経困難症では、婦人科への受信に抵抗を感じ、診察を躊躇うケースも多くみられるのです。ですが、月経困難症を軽視すると、将来大きな病気に進展することもしばしばです。さらに、将来不妊になる人も少なくなく、早めに治療を開始することが重要な病気なのです。
では、子供の月経困難症でも低用量ピルを利用するメリットについて考えます。実際に、インターネットなどの口コミで広く知られていますが、子供の月経困難症でも低用量ピルは安全性が高いと言えます。月経時に発生する強い痛みを軽減してくれるだけでなく、肌荒れなどの症状も緩和してくれる効果も持っています。その上、将来に併発しやすい子宮内膜症などの症状も予防してくれる効果も発揮ししてくれるのです。子宮内膜症を発症すると、手術が必要になるため、なるべく早い段階での治療が有効だと言えます。
また、口コミなどでは、低用量ピルの服用が肥満などを誘発するなどとの噂も存在しますが、実際には低用量ピルと肥満との因果関係は全く存在せず、誰でも安心して服用できる医薬品であると言うことができるのです。