みなさん「低用量ピル」という言葉を聞いたらどのようなことをイメージしますか?避妊薬?生理痛を軽減させる医薬品?実は、あまり知られていないけれども、低用量ピルは素晴らしい効果を持っている医薬品なのです!

低用量ピルの効果ってこんなにあるの?!

低用量ピルを飲み忘れがないよう安全な偽薬?

避妊経口薬である低用量ピルは避妊効果を得るためには毎日飲み続ける必要があります。女性ホルモン剤である低用量ピルを飲むことで、体内の女性ホルモンのバランスを一定に保ち、身体を妊娠したような状態にするのです。それにより性交渉したとしても精子が子宮に侵入するのを防ぐ効果があります。さらに排卵を抑え、子宮内膜の状態を着床しにくい状態にするので妊娠を防ぐことができるのです。そんな低用量ピルで一番大切なのは服用の仕方です。ホルモン剤を経口摂取してもその効果は長く続かないため、毎日飲まなければいけないのです。そんなピルは一ヶ月分が1シートに入っています。飲み方は1日のうち、いつでもいいので自分の飲みやすい時に一錠飲まなければいけません。1日飲み忘れると、翌日に2日分飲む必要があったり、2日分飲み忘れてしまうと新しいシートから飲み直す必要があります。このように低用量ピルを服用している時は生理以外の21日間は毎日飲まなければいけません。生理の間だけ飲まなくていいのです。しかし、このように飲む日、飲まない日があるとついつい飲み忘れてしまう場合があります。そのようなことがないよう低用量ピルは1シート28日分の薬が入っているものもあります。このシートの場合、21日間分は正規のピルで、残り7日分は安全な偽薬です。これなら生理の際も偽薬を飲むことで、毎日飲む習慣を崩さずに飲み忘れを防ぐことができます。そしてたとえ偽薬を飲んでも身体には全く影響がないため、安心です。
このように低用量ピルのシートには飲み忘れがないよう安全な偽薬がついています。これにより毎日飲む習慣を崩さずに、飲み忘れを予防することができます。