みなさん「低用量ピル」という言葉を聞いたらどのようなことをイメージしますか?避妊薬?生理痛を軽減させる医薬品?実は、あまり知られていないけれども、低用量ピルは素晴らしい効果を持っている医薬品なのです!

低用量ピルの効果ってこんなにあるの?!

低用量ピルは肌を綺麗にしてくれる効果があるの?

低用量ピルの本来の目的は避妊ですが、その仕組みによって肌を綺麗にしてくれる効果も期待できます。女性の生理周期は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスが一定の周期で変わることで、肌に様々な影響を与えることになります。男性ホルモンには皮脂分泌を過剰にする働きがあります。皮脂が過剰分泌されることで、毛穴がふさがり、ニキビができやすい状態になります。低用量ピルを服用することにより、生理前に増える男性ホルモンを抑えることができ、女性ホルモンを補うことができるため、生理前のニキビを改善することが可能です。低用量ピルには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが少量含まれています。このホルモンの働きによりホルモンバランスを妊娠している状態にすることができるため、排卵を抑えることができます。その結果、男性ホルモンが優位の状態ではなく、ホルモンバランスが整った状態となり、ニキビができにくい肌になります。効果が出始めるまでには個人差があるため、軽いニキビの場合には、1ヵ月程度服用することで治ることもあります。長年ニキビに悩んでいる人や重度のニキビの場合には、3ヵ月程度かかることがあります。また、ピルに含まれているホルモン量が身体に合わない場合には、ニキビが悪化してしまうこともあるため、生活スタイルや肌の状態に合わせて医師に相談する必要があります。ホルモンの含有量が少ない低用量ピルであっても、ホルモンバランスを変える薬であることは変わりがない為、勝手な自己判断で服用することは危険です。慎重に投与したほうが良い人もいるため、個人輸入などで勝手に服用するのではなく、必ず医師の判断に従うようにします。