みなさん「低用量ピル」という言葉を聞いたらどのようなことをイメージしますか?避妊薬?生理痛を軽減させる医薬品?実は、あまり知られていないけれども、低用量ピルは素晴らしい効果を持っている医薬品なのです!

低用量ピルの効果ってこんなにあるの?!

低用量ピルは生理前後の特有のイライラが解消される?

低用量ピルとは、女性ホルモンを利用した避妊薬です。女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、この女性ホルモンが脳下垂体に働きかけることで、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えることができます。排卵を制御することで、子宮内膜を変化させて着床をしにくくし、子宮頸管の粘液を変化させて精子の子宮へ入りにくくします。日本の避妊方法の中で最も安全性と避妊率が高いとされています。また、避妊以外にも月経周期を整えて、月経困難症の軽減をする、子宮内膜症の治療など様々な効果があります。その効果のひとつとして生理前後のイライラを改善することもできます。低用量ピルを服用することで、生理前のホルモンバランスの変化が少なくなります。ホルモンバランスの変化が少なくなることで、ホルモンバランスに影響されるイライラなどの症状が出てしまう月経前症候群の症状を改善することができます。また、男性ホルモンが抑制されることによってニキビや肌荒れなどの症状も軽減することにつながります。このような低用量ピルを手に入れるためには産婦人科で処方してもらうことができます。費用は2000~3000ほどです。月経の周期に合わせて28錠タイプのものが処方されることが一般的で、服用の仕方としては月経の始まった1日目に一錠飲み始め、その後1日1錠飲んでいくことで効果を発揮します。外側から女性ホルモンを補充する状態のため、体が慣れずに軽い吐き気や頭痛、倦怠感、不正出血などの軽い異常が1~2ヶ月感じることがありますが、体が慣れてくるとそれらの症状もなくなってきます。症状が続く場合には、医師に相談して薬を変えることも可能です。飲むのを止めれば3ヶ月以内に自然な月経が回復するため妊娠することができます。